Archive for 7月, 2015

  • 木管アンサンブル作品2曲発売!

    Date: 2015.07.24 | Category: NEWS!, アンサンブル紹介 | Response: 0

    こんにちは!
    関東北陸まで梅雨明けの報が聞かれ、いよいよ夏本番ですね!
    きたるアンサンブルコンテストへの選曲シーズンに先駆け、木管アンサンブル作品の楽譜を二つ発売いたします。

    森のささやき
    木管5重奏
    森のささやき
    Ⅰ.木々の精霊たち Ⅱ.森を越えて吹く風のように
    演奏時間:約10分半(通奏時)
    価格:5,000円(税抜)



    全2楽章からなり、「木」(木管アンサンブル)の響きで「森」の風景を表現した作品です。
    第1楽章は「木々の精霊たち」。
    マイナーな調子で少し悲しげな中にも、遠い昔の民話の世界のような、素朴でのどかな森のなかの情景を描き出しています。
    5人のプレイヤーはそれぞれが森の精霊のように、高いところを優美に飛翔するもの、プルプルとふるえるような細かい動きが特徴的なもの、低いところをゆっくりと動いているもの…とキャラクターをイメージしてみると面白いと思います。人の分け入らぬ深い森の中で、ひそひそと話をしたり踊ったりしている「精霊たちのいる風景、あるいは日常」といった、一枚の絵のような作品です。

    第2楽章は「森を越えて吹く風のように」。
    精霊たちの棲む森の中を吹き抜けていく様々な風の様子が、少し速く(Allegro)そしての強さとともに描かれています。風の通る森の中に人が迷いこめば、気は急いて、風に隠れた精霊たちに巻かれるような…フガートや転調が重なり、異界にぐいと引っ張り込まれるような、不思議な世界が表現されています。

    1、2楽章とも、各楽器にしっかりとしたソロがあり、アンサンブルのサウンドとソロプレイの両方を楽しめる作品です!


    2曲目はこちら!

    モノローグとタランテラ
    木管3重奏
    モノローグとタランテラ
    坂井貴祐
    演奏時間:約5分
    価格:4,000円(税抜)



    編成はフルート、オーボエ、クラリネットです。
    モノローグとは、「独り語り、独白」のこと。クラリネットの低音から始まり、それぞれの楽器でゆったりとした旋律をソロで奏でます。
    続くタランテラはテンポの速い舞曲で、ゆったりとしたモノローグとの対比がはっきりしています。
    タランテラは速い舞曲とあって、体力勝負! 始まったら最後まで、息つく暇もなく駆け抜けます! 2拍子系と3拍子系が入り乱れて変化のあるリズムで書かれているので、足元(指?)も注意。激しく踊り狂うような躍動感が演出できるといいですね。
    こちらのアドレスで、初演団体の演奏を聴くことが出来ます。

    ♪モノローグとタランテラ_参考演奏

    木管アンサンブルは、透明感やまさしく「木」のような渋みのあるサウンドが、合奏とはまた違って魅力的だと思います。
    ぜひ、この夏~秋の選曲ラインナップに加えてみて下さい!


    楽譜事業部
    高橋

  • 文教の最新作が本日リリース!

    Date: 2015.07.15 | Category: NEWS! | Response: 0

    10作目となる文教大学のライブアルバムが本日発売です!

    0235
    「第六の幸福をもたらす宿」
    文教大学吹奏楽部
    指揮/佐川聖二
    定価 3,000円(税抜) CACG-0235


    【曲目】

    ★Disc 1
    1. ロッキー・ポイント・ホリデー (ロン・ネルソン)
    2. ソル・ソラーター (ティモシー・マー)
    3. ユー・レイズ・ミー・アップ (ロルフ・ラヴランド / 編曲 : 星出尚志)
    4. ヴォカリーズ (セルゲイ・ラフマニノフ / 編曲 : 石毛里佳)
    5. 彩雲の螺旋 -吹奏楽のための (中橋愛生)

    ★Disc 2
    1. コンコルディア (長生 淳)
    2. 序曲「ピータールー」 (マルコム・アーノルド / 編曲 : 近藤久敦)
    3.~5. 管弦楽組曲「第六の幸福をもたらす宿」 (マルコム・アーノルド / 編曲 : 瀬尾宗利)
    6. クリスマスッシーモ! (編曲 : 金山 徹)
    7. 吹奏楽のためのプレリュード ~「時計台の鐘」の旋律による (鈴木英史)


    ライブアルバムがもう10作目。
    こちらも長くリリースさせて頂いている団体です。
    その長い歴史の中でも、学生主体で演奏会からこのアルバム制作まで行っている姿は変わらずにあり続けます。

    学生指揮者による作品が3曲。
    「ロッキー・ポイント・ホリデー」「ソル・ソラーター」、そしてアンコールの「時計台の鐘」。
    特に4年生の学生指揮者は毎年振るのも難しい、演奏するのも難しい作品を選曲されるな、という印象。今回は「ソル・ソラーター」を選曲されていました。
    (個人的には2作前の「ノーブル・エレメント」が一番驚きました…)

    そして、同じく学生が務めたソロ曲も2曲収録。
    「ユー・レイズ・ミー・アップ」はユーフォニアムのソロ。3月のアンサンブルコンテストでバリテュー4重奏で出演されていた方でもあり、美しい音色に堂々と自分の音楽を聴かせています。

    「ヴォカリーズ」はクラリネットのソロ。切なく甘美なラフマニノフの旋律を歌い上げ、後半のジャジーなテイストのアレンジではキレのある音色を聴かせました。

    その後「彩雲の螺旋 -吹奏楽のための」「コンコルディア」と、邦人作品2曲が続きます。
    「コンコルディア」は昨年のサマーコンサートで初演され、全国大会で演奏された作品。この定期演奏会では、2部としてこの邦人2作が演奏されましたが、「コンコルディア」のインパクトがほしく、Disc2の1曲目に配置しています。

    続く2曲は、日本においてアーノルドを広めたといっても過言ではない文教大学によるアーノルド作品。
    一度作品集「Gift from Arnold」も出していますが、その中に入っていないのが「ピータールー」。有名な作品と言っても、CAFUAで収録するのは初めてになります。
    タイトル曲の「第六」は、1996年に瀬尾氏が編曲し文教大学がコンクール全国大会で演奏し、そこから現在の人気作品となりました。

    アンコールも2曲収録した充実の2枚組です。
    是非チェックして下さい!


    text by 制作部

  • クラリネット8重奏の大作2曲、レンタル開始です!

    Date: 2015.07.13 | Category: NEWS!, アンサンブル紹介, レンタル楽譜紹介 | Response: 0

    こんにちは。
    夏の気配が日増しに濃くなる今日この頃、そろそろ「秋からのアンサンブル・コンテスト」のことも気になってくる時期ではないでしょうか?
    少し早めではありますが、ここでクラリネット8重奏のための楽譜を2曲、レンタルスタートいたします!

    オブローのトッカータ
    トッカータとフーガ ニ短調
    J.S.バッハ / arr.品川秀世
    演奏時間:約9分半
    価格:15,000円(税抜)


    日本でも特に有名な、大バッハのオルガン作品「トッカータとフーガ ニ短調」を、クラリネット8重奏にアレンジしました!
    幅広い音域を同属楽器の統一された音色で演奏できるクラリネットアンサンブル(しかも大きめの8人編成)は、これまたハコ鳴りまでも利用して幅広い音域を駆使する、パイプオルガンの楽曲を演奏するのにうってつけではないでしょうか?
    クラリネットという楽器の運動性能の良さも存分に発揮されているほか、オルガン演奏時に発生する倍音を楽譜に起こして「演奏」してしまうことで、さらにオリジナルのサウンドに近付く工夫がなされています。

    このアンサンブルではF管のバセットホルンが使用されていますが、オプションでアルトクラリネット(Es管)のパート譜をつけてあります。
    代替OKですので、「バセットはないけどアルトなら!」という方はぜひチャレンジしてみて下さい。


    2曲目はこちら!

    オブローのダフクロ2
    ダフニスとクロエ 第2組曲
    M.ラヴェル / arr.品川秀世
    演奏時間:約15分半
    価格:20,000円(税抜)


    トッカータもなかなかの大作でしたが、さらにドン!
    「管弦楽の魔術師」の異名をとるモーリス・ラヴェルのオーケストラ作品に、クラリネット8重奏で果敢に挑戦するアレンジです!
    トッカータとは正反対に、「オリジナルの色彩感ゆたかなサウンドを、クラリネットだけのアンサンブルでいかに表現していくか」がキモになります。
    一人一人が異なる音色を奏でるだけでなく、一人が、曲の場面によって、何役も演じ分けるといった心構えが役立つのではないでしょうか。

    もとがバレエ音楽ということもあり、曲中には場面を描写する注記がフランス語で沢山書かれています。
    今回のアンサンブル楽譜では、スコアにページを取って「何小節目にどんな描写が記載されていたか」をフランス語と日本語をあわせて掲載しましたので、ぜひ参考になさってみて下さいね。
    意味だけでなく、ちょっと頑張ってフランス語を呟いてみれば、その響きから「フランス語圏の文化の雰囲気」が感じられるかもしれません。

    こちらもバセットホルンとアルトクラリネットの代替のほか、コントラバスクラリネットとコントラアルトクラリネットの代替も「可」とし、オプションでそれぞれのパート譜をお付けしていますので要チェック。


    今回ご紹介した2曲は、「オブロー・クラリネットアンサンブル」のコンサートのために、メンバーの品川氏がアレンジを行ったもの。CDも好評発売中となっております。

    0216
    オブローのダフニスとクロエ
    オブロー・クラリネットアンサンブル



    プロ集団のためのアレンジとあってかなり骨のある内容ではありますが、やりがいも大きいはず!
    コンテストだけでなくコンサートのメインプログラムにもぴったりな2作品、どうぞお見逃しなく!


    楽譜事業部
    高橋

  • 髙橋伸哉「ワンダー・プラネット」レンタル開始!

    Date: 2015.07.02 | Category: NEWS!, レンタル楽譜紹介 | Response: 0

    こんにちは!
    浜松交響吹奏楽団の最新CD「天野正道:天雷无妄」収録の委嘱作品より、こちらの作品の楽譜レンタルも満を持してスタートいたします♪

    ワンダープラネット楽譜
    ワンダー・プラネット
    髙橋伸哉
    演奏時間:約9分
    価格:28,000円(税抜)


    浜松交響吹奏楽団の創立35周年記念委嘱作品となっております。

    作曲者の氏名は、ご覧の端末できちんと表示されておりますでしょうか。
    「たかはしの“たか”は、ハシゴダカで!」というのが、ちょっとした合言葉になっています。

    作品はタイトルのとおり、「ワンダー・プラネット」…奇跡の星、地球に曲想を求めた、大編成の吹奏楽曲となっています。時系列に大きく三つのパートに分かれており、宇宙の始まりから動く生物の栄える時代、思考と感情を備えた人の出現から、未来へと力強く踏み出していく大きな流れが感じられます。

    作曲者による解説(詳細ページに掲載しています)にもあるのですが、第1のパートでは特に「順次進行」のフレーズが多く見られます。
    この「順次進行」はパートをまたいでつながっているものもあるので、変化しながら脈々と続く生命を想像しながら、意識的に「つなぐ・つなげる」ことを心がけ、「つながった!」を沢山作りながら演奏していくと良いと思います。
    始めは単細胞生物のようにシンプルだった音が、次第に進化するように、ふるえゆらぎながら響きを重ねていきます。ベクトルは「単純>>複雑化」、そして「sempre cresc.」です。
    第2のパートでは、生物たちも細胞レベルから動き回れるレベルにまで進化します。このパートを支配しているのは「緊張感」です。何ものかは分からないけれど、「迫り来る危険に急かされる」ような緊迫感が良いでしょう。「ストレト!」です。
    第3のパートに至ると、視点を少し引いて俯瞰するような感じになります。視野を広く大きくして来し方を眺め、今がある奇跡に驚きつつ、愛と感謝の念を感じています。感謝の中には、不思議と切なさが隠れているんですね。

    3つのパートのうち、1つめと2つめのパートは過去にあたります。今を生きている私たちには、「過去」は変えることのできない、受動的であらざるを得ないものです。
    しかし、3つめのパートに至り、今そして未来に意識が及ぶと、これまでの「感謝」を積極的・能動的に未来へ返そう、というベクトルが生まれます。「より良い未来のために、今の私たちが積極的に関わろう」「尽力しよう」という意思のようなものが、力強いエンディングから感じられるように思います。

    全体的に「地球・宇宙」にイメージを求めた作品ですので、練習・演奏の際にも「スペース(宇宙)感」を意識すると良いのではないかと思います。
    本番の演奏は、どんな会場で行われますか? 残響は、どんな感じですか? 長さは? 客席にお客様が入ったら?
    現実的な想像と、理想の響きをイメージしつつ、あるいはホールでの練習も交えつつ、音を作ってみてはいかがでしょうか。


    浜松交響吹奏楽団創立40周年を記念しての、セッションレコーディングによる最新アルバム「天野正道:天雷无妄」は好評発売中です!

    0231
    天野正道 : 天雷无妄
    浜松交響吹奏楽団/指揮:浅田享


    レンタルを開始した各委嘱作品のほか、こちらの楽譜も人気御礼発売中となっております。

    彼方の光
    「彼方の光(木管合奏)」
    作曲:村松崇継 / 編曲:浅利真
    演奏時間:約3分半
    販売価格:7,000円(税抜)


    6月下旬から7月にかけて、浜松交響吹奏楽団の委嘱作品を連続してレンタルスタートさせて頂きました。
    POST de スコアのサービスも、各曲同時にスタートしております。
    CDとあわせて、お楽しみ頂けましたら幸いです。


    楽譜事業部
    高橋

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報