Archive for 12月, 2009

  • 待望の「樽屋雅徳作品集」登場!

    Date: 2009.12.28 | Category: NEWS! | Response: 0

    もはやここで説明するまでもない人気作曲家・樽屋雅徳。彼の多くの作品が演奏会やコンクールで演奏され、絶大な人気を誇っています。
    これまでも彼の作品をまとめたCDはないのかと多くの問い合わせを頂いておりました。たくさんの方々のリクエストと多くの関係者の皆様の協力を経て、ついに「樽屋雅徳作品集」の完成です。


    82-1.jpg
    「樽屋雅徳作品集Vol.1 ~マゼランの未知なる大陸への挑戦~」
    演奏:土気シビックウインドオーケストラ、ヤマハ吹奏楽団、龍谷大学吹奏楽部 他
    定価2,500円(税込) CACG-0145


    作品の素晴らしさはもちろんですが、各曲の演奏バンドのクオリティーの高さと個性溢れる素晴らしい演奏も聴きどころです。「トム・ティット・トット」「夜空を輝らすオリオンの月の小舟」は小編成を生かした楽曲。隠れた名曲「カタリナの神秘の結婚」「ヘスペリデスの黄金の林檎」は、これから人気が出そうな予感です。「真実に響くアトリの鐘」は難曲であるのですが、酒井根中学校の演奏が見事です。
    オリジナル作品9曲をさまざまな団体が樽屋作品の魅力を最大限に生かして描く壮大なスケールは、作品集ならではの味わいがあります。是非CD一枚を通して聴いてみてください。
    発売は1月20日。乞うご期待下さい!

    Read the rest of this entry »
  • 吹奏楽譜2冊発売

    Date: 2009.12.22 | Category: NEWS! | Response: 0

    12月25日に出版楽譜の新作2冊が発売となります。
    どちらも、これからの演奏会シーズンにおすすめの楽曲です。

    cwe.jpg

    『映画「LIMIT OF LOVE 海猿」セレクション』は大ヒット映画のサウンドトラックから4曲をセレクト。続編となる映画「海猿3」も2010年9月に公開決定となり、ますます注目を浴びヒット確実です。

    一方、コミカルで軽快な「愉快な行進曲」は、題名通り会場を盛り上げてくれるでしょう。アンコールの選曲にいかがでしょうか?

    只今ご注文予約受付中です。



    Read the rest of this entry »
  • 原博巳、待望のニューアルバム!

    Date: 2009.12.12 | Category: NEWS! | Response: 0

    原博巳の新作、「レチタティーヴォ・ファンタジア」が12月16日にいよいよ発売です。 

    81-1.jpg
    「レチタティーヴォ・ファンタジア」
    原博巳(サクソフォーン)
    定価3,000円(税込) CACG-0144 ハイブリッド盤(CD、SACDステレオ2ch、SACDマルチ5ch)


    前作「PCF」から5年、さらに磨きのかかった音色と技巧には圧巻の一言。
    ピアノのみならずチューバやオンド・マルトノを使用した、原のこだわりも見える一味違ったサックスのアルバムです。

    81-2.jpg

    81-3.jpg


    唐突ながらも心地よく耳に残る冒頭から始まるピエルネの「カンツォネッタ」、続く「コラール・ヴァリエ」も叙情感溢れる歌いこみが聴けます。このアルバム唯一のテナーで演奏される小品「コッペリウスの夢」は、深い音色に美しく迫り来るピアノが印象的です。
    鈴木純明の「ファレーズ」は、もともとテューバ奏者・橋本氏の委嘱作品。チューバ、オンド・マルトノ、サックス、それぞれの楽器の音色が交差され、音の粒が無機質に配置されながらも温度の感じられる音楽が広がります。アドリブは一切なく、すべての音が楽譜上に記載され、レコーディング時はとにかく寸分の狂いも無い譜面通りの演奏に驚きました。
    最後を飾るのはフランクの「ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調」。フランスにおけるヴァイオリンソナタの名作として知られています。サックスで奏でられながらも時折ヴァイオリンのような音色にハッとさせられる部分も多々あり、厚みのあるソプラノとピアノには圧倒されます。

    81-4.jpg

    81-5.jpg


    ▼オンド・マルトノ
    81-6.jpg

    5年ぶりの渾身のサードアルバム。ハイレベルな演奏を聴きたい方、サックスを楽しみたい方にもオススメの作品です。
    是非聴いてみて下さい。

    Read the rest of this entry »
  • 「CAFUAセレクション2010」始動!

    Date: 2009.12.02 | Category: NEWS! | Response: 0

    10月に熱狂的なコンクール全国大会を終えたのもつかの間、そろそろ来年の自由曲決めに入ろうという方も多いのではないでしょうか?

    毎年3月に発売し、ご好評頂いている「CAFUAセレクション」の制作もすでに始動しております。
    企画選曲会議の第1回は7月に行い、海外の新譜作品が揃った頃に第2回の会議を行っています。

    第1段階として約400曲の中から加養浩幸先生とCAFUAスタッフで選定。
    第2段階として、天野正道先生と鈴木英史先生も加わって、1曲1曲楽譜を見ながら作品を絞っていきます。
    11月に行われた第2回選曲会議では、邦人作品の選定も行いました。

    80-1.jpg

    80-2.jpg


    曲を絞り込む第1・第2段階の作業は、相当な労力を必要とします。
    選曲委員もCAFUAスタッフも、「コンクールを通じて良い作品に出会ってほしい」との想いで試行錯誤を繰り返し、皆様に素晴らしい作品をお届けしたいと考えております。
    厳選した作品ですので、今回も自信を持ってオススメします!

    80-3.jpg

    80-4.jpg

    ここで少しだけ、「CAFUAセレクション2010」の内容を紹介!
    外国の新譜作品ではお馴染みとなったロバート・シェルドン、日本でも人気が高いスウェアリンジェンの作品。
    邦人では、天野正道・鈴木英史の両氏の書き下ろしに、長生淳さん、福島弘和さん、樽屋雅徳さんの5作品が決定しました。

    80-5.jpg

    最終決定は12月初旬。また情報が公開できるようになりましたら、この「CAFUA NOW!」で情報をお届けします。
    今後に乞うご期待!

    Read the rest of this entry »

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報