ホーム > ■レンタル楽譜 > ●編曲・アレンジ作品 > M.ラヴェル : ダフニスとクロエ 第2組曲 <クラリネット8重奏>

M.ラヴェル : ダフニスとクロエ 第2組曲 <クラリネット8重奏>

 [1] 夜明け
 [2] パントマイム
 [3] 全員の踊り
参考音源CD
オブローのダフニスとクロエ
(演奏:オブロー・クラリネットアンサンブル)
/CAFUA CACG-0216
レンタル グレード5
商品名 M.ラヴェル : ダフニスとクロエ 第2組曲 <クラリネット8重奏>
商品コード E08
価格 22,100 円(税込)
ポイント 0 pt
個数
曲目解説
『ダフニスとクロエ』は古代ギリシャを舞台に羊飼いの青年ダフニスと少女クロエの恋愛を描いた物語で、モーリス・ラヴェルはその作品に全3場から成るバレエ音楽を作曲しました。
組曲はラヴェル自身がそのバレエ音楽から一部分を抜粋したもので、第2組曲は全曲の中の第三幕がほぼそのまま用いられています。
岩を濡らす露を集めた小川のせせらぎのささやく音、夜が明け朝日が昇り小鳥がさえずる美しい描写の「夜明け」から始まり、パンの神によって海賊から救い出されたクロエがダフニスと感動の再会果たし、パンの神のかつての叶わぬ恋を踊る「パントマイム」、そして最後は歓喜の大乱舞となる「全員の踊り」と、切れ目のない3曲で構成されています。
オブロー・クラリネットアンサンブルの為に編曲し、2013年4月26日に行われた第24回定期演奏会で演奏されました。(品川秀世)
3
品川秀世プロフィール
東京音楽大学卒業。パリ市立音楽院の室内楽とクラリネットで一等賞を得、卒業。
ヨーロッパ国際音楽コンクール1位受賞。レオポルド・ベラン音楽コンクール1位受賞。
クラリネットを武田忠善、大森勇、ミシェル・アリニョン、室内楽をジャン・フランソワ・ベナタ、指揮を時任康文の各氏に師事。
株式会社ビュッフェ・グループ・ジャパン嘱託講師。広島文化学園大学講師。オブロー・クラリネットアンサンブルメンバー。広島交響楽団クラリネット奏者。

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に