Archive for 6月, 2014

  • 文教大学の最新作が7/9にリリース!

    Date: 2014.06.27 | Category: NEWS! | Response: 0

    文教大学吹奏楽部の最新作「シバの女王ベルキス」が7月9日に発売となります。
    発売に先駆けて、6月28日に行われる“文教大学サマーコンサート2014”でCDを先行発売致します。


    0221-1.jpg
    「O.レスピーギ:シバの女王ベルキス」
    文教大学吹奏楽部
    指揮、クラリネット/佐川聖二
    定価 2,667円(税抜) CACG-0221


    【曲目】
    1. スノー・キャップス (リチャード・L・ソーセイド)
    2. サスパリラ (ジョン・マッキー)
    3. シーガル (真島俊夫)
    4. ステラー・ウインド (鋒山 亘)
    5. ラ・フォルム・ドゥ・シャク・アムール・ションジュ・コム・ル・カレイドスコープ (天野正道)  レンタル楽譜
    6~9. バレエ音楽「シバの女王ベルキス」 (オットリーノ・レスピーギ)
    10. クリスマス・キャロル・ファンタジー (編曲:星出尚志)
    11. 吹奏楽のためのプレリュード ~「時計台の鐘」の旋律による (鈴木英史)



    ライブアルバムとしては9作目、オリジナルアルバムとしては10作目にもなる今作。
    ソーセイド、マッキー、鋒山亘氏と、アメリカで活躍し近年日本でも人気の作曲家の作品を選曲。
    海外作品は、日本でなかなか演奏されない作品もありますが、文教大学は日本人好みの作品を絶妙に選曲されている印象を受けます。

    「シーガル」はクラリネットで佐川氏のソロ。ソロパートも吹きつつメロディーパートも吹きつつのため、バンドの皆さんは完全にアインザッツで合わせています。
    この集中力もさすがの一言。佐川氏独特の美しく切ない歌い回しは必聴です!

    メインは「シバの女王ベルキス」。迫力満点のサウンドながら、文教ならではの美しさはそのままでベルキスの世界観を表現しています。
    その他にも、アンコールとして演奏された「クリスマス・キャロル・ファンタジー」「吹奏楽のためのプレリュード」と、演奏会で演奏された全曲を収録。
    豪華な作品となった今作を、是非ご堪能下さい。


    Read the rest of this entry »
  • 松戸四中の3作目がリリース!

    Date: 2014.06.25 | Category: NEWS! | Response: 0

    本日は松戸市立第四中学校吹奏楽部の最新CD「Play with Heart III」の発売日です。


    0220-1.jpg
    「Play with Heart III」
    松戸市立第四中学校吹奏楽部
    指揮/須藤卓眞
    定価 2,667円(税抜) CACG-0220


    【曲目】
    1. ナヴァル・ブルー (真島俊夫)
    2. 復興への序曲「夢の明日に」 (岩井直溥)
    3. 吹奏楽のための協奏交響曲 (福島弘和)
    4. 歌劇「ローエングリン」より エルザの大聖堂への行列 (リヒャルト・ワーグナー/編曲 : ルシエン・カイリエ)
    5. ミュージカル「レ・ミゼラブル」より (クロード=ミシェル・シェーンベルク/編曲 : 森田一浩)
    6. オーメンズ・オブ・ラブ (和泉宏隆/編曲 : 真島俊夫)
    7. フィンガー5 コレクション (井上忠夫、都倉俊一/編曲 : 金山 徹)
    8. NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」メイン・テーマ (菅野祐悟/編曲 : 福島弘和)
    9. ルパン三世メドレー (大野雄二/編曲 : 福田洋介)
    10. 喜びの世界 – Joy To The World (ホイト・アクストン/編曲 : 岩井直溥)
    11. ディズニー・ファンティリュージョン ! (編曲 : 星出尚志)
    12. 星に願いを (リー・ハーライン/編曲 : 郷間幹男)
    13. エリントン・メモリーズ (編曲 : 黒川さやか)
    14. フライ・ハイ (星出尚志)



    「2」のリリース前に、タイトルをどうしましょうか、と指揮者・顧問の須藤先生に相談したところ、
    “四中と言ったら「Play with Heart」しかないよね”、とその時に立ち会っていた須藤先生の教え子の皆さんにも背中を押され、今回は続けての「3」となりました。

    四中=「Play with Heart」。
    何よりも、聴いて頂くお客様の心に響く音楽を、目標に活動をされている四中。それがよく分かるCDとなっています。
    中学生らしい綺麗さと純粋さと明るい音色、一方で、中学生という認識で聴いてほしくないくらいの表現と技術を持ち合わせています。

    四中の一番の特徴は、ブレンド感。
    須藤先生の指揮にパワーが集まるような一体感、空気が変わったような凄まじい集中力。
    音で伝えるのは難しいですが、今後生で演奏を聴く時に比べて頂くためにも、一度CDで聴いて頂くことをオススメします。

    なお、「エルザ」は2011年に生駒中学校との合同演奏会で演奏された作品。交流のあった牧野先生への想いを込めた1曲です。(解説にはあえて掲載致しませんでした)


    過去の作品も好評発売中です!

    「Play with Heart」
    0220-2.jpg

    「Play with Heart II」
    0220-3.jpg



    Read the rest of this entry »
  • 【New!】レンタル楽譜「新しい朝に歌う」

    Date: 2014.06.16 | Category: レンタル楽譜紹介 | Response: 0

    こんにちは!
    本日は、6月17日より楽譜のレンタルを開始致します、こちらの作品をご紹介いたします!


    新しい朝に歌う
    新しい朝に歌う / 福島弘和
    演奏時間:約8分半
    グレード4
    レンタル価格:28,000円(税別)


    それまで男子校であった宮城県仙台第一高等学校の、共学化を記念して2010年に委嘱・作曲された作品です。またその後、顧問の先生が異動された宮城県仙台第三高等学校の委嘱で改訂がなされ、今回レンタル楽譜としてお取扱いすることになりました。

    「新しい朝」とはすなわち、共学化で新しく生まれ変わる学校のこと。
    「新しく生まれ変わる朝に、学友と手と手を取り合って、共に絆を歌い合い荒波を乗り越えてゆく決意」がメッセージとして込められています。

    新しい時代の黎明の、透き通るようなさわやかさと力強さ。そういったものを、感じながら演奏して頂けると良いのではないでしょうか。

    福島弘和「新しい朝に歌う」の演奏は、下記CDに収録されています。

    2014 新曲コンサート 埼玉県・楽曲研修会
    (演奏:本庄第一高等学校吹奏楽部)
    /ブレーンミュージック OSBR-30025



    15日間スコアを閲覧できるPOST de スコア(宅配スコア閲覧サービス)もございます。




    さて、あっという間に初夏、梅雨の候となりました。
    この春は、新譜とコンクールにおすすめの作品を取りまぜてこちらのコーナーでご紹介して参りましたが、いかがでしたでしょうか。
    少しでも楽しんで頂けたり、コンクールやコンサートの選曲に役立てて頂けていれば幸いです。

    また新譜のご紹介やシリーズ記事などでお目にかかることもあるかと思いますので、その際はお付き合い頂けますと幸いです。


    最後までお読み下さり、ありがとうございました。


    楽譜事業部
    高橋


    Read the rest of this entry »
  • 昭和ウインド・シンフォニーCD「マザーシップ」ご紹介♪

    Date: 2014.06.13 | Category: NEWS! | Response: 0

    今回も、すでにリリースしているCDをご紹介させて頂きます。
    昭和ウインド・シンフォニー(昭和音楽大学)の13作目になる作品です。


    0211-1.jpg
    「M.ベイツ:マザーシップ」
    指揮/ユージーン・M・コーポロン、福本信太郎
    ユーフォニアム/外囿祥一郎
    定価 2,667円(税抜) CACG-0211


    毎年日本初演を含む魅力的なプログラムで、コーポロンの指揮の下、質の高い演奏を聴かせてくれる昭和ウインド・シンフォニー。
    将来吹奏楽はこうなっていくのではないか、という光を見い出せるのが、この昭和ウインド・シンフォニーのCD。
    アメリカと日本とで作品の価値観の違いはあるものの、アメリカ発の新しい吹奏楽の提示に聴いていてワクワクします。

    特にタイトル曲の「マザーシップ」は、電子音と管楽器が融合された音楽。
    コンピューター操者が、他の管楽器奏者と一緒に指揮者に合わせて電子音を出しています。
    これも新たな試みの一つで、こんなことが出来るんだ、こんなことが有りなんだ、と感じさせられます。

    そしてこのアルバムでは、ユーフォニアム奏者の外囿祥一郎氏が、昭和ウインド・シンフォニーの演奏会で初のゲストとして出演。ギリングハムの「ユーフォニアム協奏曲」とアンコールでは「アマ・ポーラ」を演奏し、安定かつ圧巻の外囿氏の音楽を披露しました。
    技巧の多い「ユーフォニアム協奏曲」の一方で、歌心溢れ美しく奏でられた「アマ・ポーラ」。
    最後の一音まで聴き逃せない演奏がここにあります。

    質の高い演奏に、価値の高いプログラム。
    “吹奏楽”を一つの芸術として聴いてみるのはいかがでしょうか。
    なお、14作目の最新作も今年の冬にリリース予定です。お楽しみに!


    Read the rest of this entry »
  • 海上自衛隊横須賀音楽隊のCD紹介♪

    Date: 2014.06.06 | Category: NEWS! | Response: 0

    すでにリリースされていますが、ここで紹介出来ていなかったCDを本日はご紹介します。


    0212-1.jpg
    「ヨコスカの海と風 ~海上自衛隊音楽隊 委嘱作品集~」
    海上自衛隊横須賀音楽隊
    指揮/隊長 内堀豊、副隊長 渡邉大海
    ソプラノ/三宅由佳莉
    定価 2,667円(税抜) CACG-0212


    昨年の7月、穏やかな海の近くの横須賀音楽隊の練習室内にてレコーディング。
    楽曲は“海上自衛隊の6つの音楽隊が過去に委嘱した作品”を集め、
    横須賀音楽隊の隊長と副隊長を交えて選曲が行われました。

    曲目は全9曲です。

    1. 行進曲「剱の光」 (酒井 格)  【横須賀音楽隊 委嘱】
    2. ~冠島今昔~ 鳥たちの楽園 (清水大輔)  【舞鶴音楽隊 委嘱】
    3. マーチ“海の護りびと” (小長谷宗一)  【横須賀音楽隊 委嘱】
    4~6. 吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」 (伊藤康英 ) 【佐世保音楽隊 委嘱】
    7. 艦上の旭日 (田中久美子)  【呉音楽隊 委嘱】
    8. 三つの音詩 ~暁の海~白の海~蒼の海~ (樽屋雅徳)  【横須賀音楽隊 委嘱】
    9. マーチ「ボン・ボヤージュ」 (真島俊夫)  【大湊音楽隊 委嘱】
    10~12.吹奏楽のための組曲“ヨコスカの海と風” (小長谷宗一)  【横須賀音楽隊 委嘱】
    13. 「嵯峨野 ~ソプラノと吹奏楽のために~」より 3楽章 川のほとり (河邊一彦)  【東京音楽隊 委嘱】


    ほぼ全曲が海にまつわる楽曲で、海の力強さや雄大さ、そして爽やかな様子が音楽隊の演奏でよく表れており、海上自衛隊の音楽隊だからこそ出せる味わいある演奏。

    響宴で演奏された記憶に新しい「ヨコスカの海と風」も収録。3楽章の「どぶ板通り」のディキシーバンドは、歩きながら演奏したり前や後ろを向いたりと、作曲者の小長谷先生と試行錯誤しながら別録りで行いました。
    有名な「ぐるりよざ」は佐世保音楽隊の委嘱作品。作曲当時29歳だった伊藤氏は、管弦楽版を始め様々な編曲版も出しています。
    「嵯峨野」は前・東京音楽隊長の河邊氏の作品。レコーディング時は特にニュアンスや表情を大切にしていた三宅3曹の姿が。多くの場所ですでに美しい歌声が聴かれていますが、このCDではまた違った歌い方でアプローチしています。

    豪華な作曲家陣の作風が光り、それに応えた横須賀音楽隊の快演。
    ブックレットには初演時の情報や、横須賀音楽隊の普段の活動の写真も記載しております。


    0212-2.jpg

    バンドジャーナル誌でも、指揮をした渡邉大海副隊長(当時)による記事を掲載して頂きました。
    お持ちの方は是非チェックしてみて下さい。


    なお、タイトル曲の「ヨコスカの海と風」は、12日(木)に行われる神奈川大学吹奏楽部のサマーコンサートでも演奏予定です。この機会に一度CDでお聴き頂くのもオススメです!


    Read the rest of this entry »

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報