ホーム > ■レンタル楽譜 > ●作曲家 > ▲天野正道 > 「GR」よりシンフォニック・セレクション(中編成版)

「GR」よりシンフォニック・セレクション(中編成版)

レンタル 中編成版 グレード4+
1
商品名 「GR」よりシンフォニック・セレクション(中編成版)
商品コード 0156
価格 30,240 円(税込)
ポイント 0 pt
個数
この作品は1992年から7年間にわたり制作され、その音楽を天野正道が担当したOVA(オリジナルヴィデオアニメ)「ジャイアントロボ」(原作:横山光輝、監督:今村泰宏、製作:フェニックス・エンタテインメント、バンダイヴィジュアル、発売:アミューズビデオ)のサウンドトラックより、「交響組曲第2番'GR'より」の初演を行った浜松交響吹奏楽団の音楽監督である浅田享のアイデアを基に、作曲者自身が大規模吹奏楽編成用に編曲を行ったものです。
日本における漫画界の重鎮、横山光輝による原作をベースに制作された「ジャイアントロボ」は、当時、映画に匹敵するストーリー性とクオリティの高さでファンを魅了したが、音楽もフル・オーケストラを持ちいたオリジナルスコアを採用し、話題を集めた。紙面の都合上、ストーリーの紹介は出来ないが、横山の世界観の集大成的な側面も持ち合わせる作品であり、興味がお持ちの方は、ぜひOVAをご覧頂きたいです。
楽曲はトランペットの抒情的なソロによって始まるが、すぐに雰囲気は一変し、重厚で劇的な音楽となる。その後、ミステリアスな場面を経て不安が最高潮に達した瞬間、感傷的な音楽が合唱を伴って奏されます。一転して緊迫感溢れるシーンとなり、スピード感が増していきます。やがて木管楽器群が平和的な旋律を奏し、圧倒的なクライマックスへと導かれていきます。

『「GR」よりシンフォニック・セレクション』の初演は2001年4月22日、アクトシティー浜松大ホールにおいて行われた浜松交響吹奏楽団第27回定期演奏会において、浅田享指揮、浜松交響吹奏楽団の演奏によって行われた。また、同年度の吹奏楽コンクールにおいて、同楽団が自由曲として演奏し、全国大会で金賞を受賞しました。

今までは大編成用でグレードも高く、もう少し編成が小さくて楽に演奏できる版が欲しい、という意見が各方面から寄せられていたので、編成、長さを圧縮してグレードも若干下げて今回「中編成版」として再構成させていただきました。

「GR」よりシンフォニック・セレクション(大編成版)はこちら

コンクール用にいくつかのパターンのカットも可能なのでいろいろと工夫して演奏していただければ幸いです。
3

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に