輝く若葉

この曲は盛岡白百合学園高等学校の委嘱により書いたものです。
作曲にあたっては吹奏楽部のみなさんから「絆」「優しさ」というキーワードを、そして顧問の先生からは「輝く未来に祈りを込めて全員で心を合わせる、そんな特別な時間を生徒たちに与えてあげたい」という言葉を寄せられました。それでこの曲は、絆や優しさを手にするまで、そんな輝く未来に向かって、しかし今はさみしかったりつらかったり、傷つけられたり、でもなんとか立ち上がろうとしたり、といった感じで進んでゆきます。ところによっては「こういう場面」というイメージを持って書いたところもないではないのですが、全体としてはなにか決まった物語があるわけではありません。みなさんなりに想像したり重ね合わせたりしながら味わって戴けたら、と思っております。(長生 淳)
楽器編成
Piccolo 1st Trumpet Timpani
1st Flute 2nd Trumpet Percussion 1
2nd Flute 3rd Trumpet   Snare Drum
Oboe
  Suspended Cymbal
Bassoon 1st & 2nd Horn   Tam-tam

3rd & 4th Horn   Claves
1st Clarinet in B♭
  Wind Chime
2nd Clarinet in B♭ 1st Trombone Percussion 2
Bass Clarinet in B♭ 2nd Trombone   Finger Cymbal

3rd Trombone   Bass Drum
1st Alto Saxophone in E♭
  Tam-tam
2nd Alto Saxophone in E♭ Euphonium Percussion 3
Tenor Saxophone in B♭ Tuba   Vibraphone
Baritone Saxophone in E♭ String Bass   Glockenspiel


Percussion 4


  Marimba


  Vibraphone


  Chime

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に