ホーム > ■レンタル楽譜 > ●作曲家 > ▲鈴木英史 > カントゥス・ソナーレ

カントゥス・ソナーレ

創価学会音楽隊結成50周年も兼ねて、創価グロリア吹奏楽団からの委嘱により作曲。2004年2月22日に東京芸術劇場大ホールにおいて、佐川聖ニの指揮、同楽団の演奏により初演されました。題名の「カントゥス」は「歌(うた)」、「ソナーレ」は「響き(ひびき)」の意味です。
この曲は題名通り、響きが歌になり、共に進んでいく様を描いています。一本の旋律が響きに取り込まれ大きな響きになる。また、その逆、響きそのものが旋律になり進んでゆく。
この作品は、指揮者の佐川聖二さんの人生のモットー(?)でもある「愛」という言葉にも、大きく影響されています。私が2003年に作曲した「ライフ・ヴァリエーションズ〜生命と愛の歌」という作品は、人生と愛についての作品でしたが、今回の「愛」は、個人と全体における調和の「愛」です。旋律は個人、響きは全体と考えても良いでしょう。家族・学校・職場・国家・世界、いろいろな視点での、他者との出会い・理解。そこに必要なのは他者を理解すること。それは「愛」によってでしか、得られないものだと、僕は信じています。(鈴木英史 創価グロリア吹奏楽団 第18回定期演奏会 プログラムノートより)
<追記>
本作は初演後、同楽団の全日本吹奏楽連盟主催2004年度吹奏楽コンクール出場に伴い、改訂が施された。改訂版の初演は2004年8月1日に西新井文化ホールで行われた第44回東京都吹奏楽コンクール予選会にて、創価グロリア吹奏楽団の演奏(指揮:佐川聖二)によって行われた。また、同年の第52回全日本吹奏楽コンクールに於て、同楽団は金賞の栄冠を得た。なお、これらの演奏はコンクールの時間制限のためカットがなされており、改訂版全曲の初演は2005年1月10日に所沢市民文化センター(ミューズ)アークホールにおいて、瀬尾宗利の指揮、ソール・リジェール吹奏楽団の演奏によって行われた。
この譜面には改訂版(Revised version)、初演版(Original version)が共に載っており、版の選択は演奏者の判断に任されている。但し、両方を混在させて演奏することは許可されない。作曲者は改訂版での演奏を望んでおり、楽譜の順番もその意向を汲み、改訂版→初演版の順となっている。
3

関連商品

TITAN

2,880 円
「創価グロリア吹奏楽団」定期演奏会
同曲初演を収録したライブ盤!

第15回東日本学校吹奏楽大会【高等学校部門】<CD 2枚組>

3,600 円
第15回東日本大会、
秋田平成高校の実況録音収録

【POSTdeスコア】 カントゥス・ソナーレ

1,500 円
まずスコアをご覧になりたい時は、
スコア閲覧サービス「POSTdeスコア」をご利用ください!

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に