ホーム > ■レンタル楽譜 > ●作曲家 > ▲長生 淳 > 「トリトン」より 第1楽章

「トリトン」より 第1楽章

躍動感溢れる勢いのまま曲は進み、その狭間で見え隠れする深い表現が魅力。是非トライしてもらいたい価値ある作品です。

この曲は東邦音楽大学の学園創立70周年記念として委嘱を受け書いたものです。同大学は学校法人三室戸学園といいますので、“三”楽章構成で、“三”全音の音程の動機ではじまり、ミムロドを読み替えて導きだしたミ-シ-ドという音型を循環主題的に用いるといった趣向をもりこんでいます。《トリトン》は三全音-英語でtriton-からの発想なのですが、ギリシャ神話に登場する神で、その吹きならす法螺貝は波を立てたり鎮めたりするのだとか。今回収録して戴いた1楽章はとくに海のイメージを強くもって書いた楽章で、逆巻く波に学生達がこれから立ち向かうであろう社会の荒波を重ねたものですが、あらためて聴き直してみると、むしろ向かっていく若者達の力強さ、といった見方もできそうです。いずれにしても、演奏にあたっては「うねり」を意識して戴くとよいのでは、と思っています。(長生 淳)


「トリトン」より 第2楽章はこちら
「トリトン」より 第3楽章はこちら
「トリトン」(全楽章)はこちら
「トリトン・デュアリティ」はこちら
「トリトン・エムファシス」はこちら
3

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に