ホーム > ■レンタル楽譜 > ●作曲家 > ▲福島弘和 > 祝典序曲「祈りは時の流れに輝く」 <小編成対応>

祝典序曲「祈りは時の流れに輝く」 <小編成対応>

レンタル 小編成対応 グレード3+
1
商品名 祝典序曲「祈りは時の流れに輝く」 <小編成対応>
商品コード 1101
価格 30,740 円(税込)
ポイント 0 pt
個数
曲目解説
仙台第一高校の吹奏楽部創部50周年記念の為に書かせて頂いた祝典序曲です。50年の時の流れには良い時もあれば苦しい時もあり一筋縄ではいかない苦労があったはずです、今日まで絶やす事なく音楽活動を続ける事が出来た事に感謝して、そしてこれからの発展に願いを込めてこの題名をつけさせていただきました。祈りには「感謝と発展」が込められています。初演した仙台第一高校は2004年度の東日本大会に出場することができました。何度か音確認などで学校に伺いましたが、木管楽器の半数以上の生徒さんが楽器を持ってまだ2〜3ヵ月の初心者で、全体の人数も20名位の小編成でした。コンクールにこの曲で参加すると聴いた時は少し心配でした、地区大会から東日本大会まで演奏を順に聴くと生徒さん達(特に初心者のみなさん)の目を見張る程の上達ぶりに嬉しくなった事を覚えています。指導されている先生の創意工夫と生徒さんの努力の賜物だと思います。そしてこの事は少子化で生徒数の減って悩んでいる小編成のバンドの方々に勇気と希望を与えるのではないでしょうか。
オーケストレーションはこのバンドの諸事情に合わせてあり、金管が鳴るように、打楽器の活躍する所を入れて、木管はtuttiで動き、上手な楽器にsoloを入れてあります。構成の工夫は、和音は同じでも色々な箇所で音階(モード)を変えて曲想に変化を与えています。冒頭の祝典ファンファーレはFミクソリディアンで力強く少し土臭く、その後のテンポが速くなった所からFリディアンでふわっと浮くような輝くような表現になっています。中間の3/4の所は祈っている様子を表現しています表情豊かに演奏していただければと思います。以上、体験談ばかりで曲目解説とはほど遠いかもしれませんが、これからの吹奏楽の発展を祈りこの文を閉じたいと思います。
(福島弘和)
3

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に