ホーム > ■スタディスコア > 【スタディスコア】 いざ咲き匂はざらめやも

【スタディスコア】 いざ咲き匂はざらめやも

【スタディスコア】 いざ咲き匂はざらめやも
演奏時間 : 約12分


演奏:光ヶ丘女子高等学校(第44回定期演奏会)
NEW グレード5 スタディスコア
【スタディスコア】いざ咲き匂はざらめやも
商品名 【スタディスコア】 いざ咲き匂はざらめやも
商品コード CSS-1207
価格 4,180 円(税込)
ポイント 190 pt
個数
【スタディスコア】とはレンタル楽譜のスコアのみを販売するものです。
作品をより深く理解するための楽曲研究に、またレンタル楽譜を申込む前にスコアをみて確かめたい方にお役立て頂けます。
演奏の際はレンタル楽譜のお申込みページからレンタル契約の上ご利用下さい。

※スタディスコアは閲覧および楽曲研究を目的としておりますので、スタディスコアを使用しての演奏(電子オルガン含む)、編曲など実演目的でのご利用は固くお断りしております。何卒ご理解の程お願い申し上げます。

演奏の際はレンタル契約が必要です。
レンタル楽譜のお申し込みはこちらよりお願いします。


曲目解説
この曲は千葉県立幕張総合高等学校さんからの委嘱で、2018年に書き上げました。同校にはその前年に七夕伝説にもとづいた『天頂の恋』を取り上げていただいてまして、「今度の曲では恋を成就して」といった希望が寄せられました。私はそういう方面に詳しいわけではありませんが、馬齢を重ねてきてしまっているだけに、恋が成就―想う相手と想い合う仲になれば、それでめでたしめでたし……とは素直に考えられなくなってしまっているようです。仲良くなればかえって離れている時間を寂しく感じることもあるでしょう。ちょっとしたすれ違いがこじれることも、嫉妬に苛まされることも、ついにはもう一緒にはいられないと思うほどのことも。そしてそれらをくぐり抜け、想う気持ちがより深まり、恋が愛へとかわったときに、さらに大きな喜びの境地にたどり着くのではないか、そうなってこその成就ではないか……とつらつら思い巡らしたことを曲にしてみました。

『いざ咲き匂はざらめやも』は「風立ちぬ。いざ生きめやも」に倣ったもので、語法上の問題で「匂はめやも」を「匂はざらめやも」としています(ちなみに欧文題 “Il faut tenter de fleurir”はヴァレリーの原詩で相当する一節 “Le vent se lve, il faut tenter de vivre” より)。
咲き匂ふ。恋が愛に深まるように。そしてまた恋愛にかぎらず、たとえば音楽とのつきあいにおいて。他の拙作同様あるいはより一層描写的性格が強い曲ですので、そんないろいろを感じ取ってもらえると、そしてそれを音に込めてもらえると嬉しく思います。(長生 淳)

関連商品

いざ咲き匂はざらめやも

42,350 円
演奏するにはレンタル楽譜をお申込みください

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に