ホーム > ■出版楽譜 > ●アンサンブル > ▲金管 > クレイドル・ダンス 【金管5重奏-アンサンブル楽譜】

クレイドル・ダンス 【金管5重奏-アンサンブル楽譜】

演奏時間 : 約4分半

現在のところリリースCDはございません。
販売譜
商品名 クレイドル・ダンス 【金管5重奏-アンサンブル楽譜】
商品コード CEM-065
価格 4,320 円(税込)
ポイント 200 pt
個数
ゆりかごでまどろんでいた頃、世界は優しく、毎日が新しい冒険で満ちていた――
幼子の目に映る世界、親の目に映る世界を、懐かしさでつつんで歌いあげる金管5重奏曲。


【曲目解説】
この作品は、富山県出身の金管奏者からなる金管五重奏団「Brass Collection」からの委嘱を受け、2015年に作曲、同年9月に富山県にて初演されました。
Cradle(クレイドル)とは、ゆりかごのことです。モチーフの断片が、ゆりかごに揺られるように反復しながら音楽が形成されていくことから、この名を付けました。
イントロダクションの「Gently」で、ゆりかごですやすや眠る赤ん坊を想起させるような柔らかい音楽が提示されます。主部の「Lively」では、ひとたび目を覚ました赤ん坊が元気に遊ぶ様とでもいいましょうか、踊ったり遊んだり、そんなイメージを持ってみてもいいかもしれません。基本的にはこのゆりかごの作法により音楽は流れ、その流れの中で和声もできあがりますが、「Elegantly」の部分は初めから明確な和声進行の下に作られています。ここは赤ん坊ではなくそれを眺める親の心境といいましょうか、我が子を愛おしく思うようなそんなイメージが似合うと思います。それらの部分が繰り返し、最後は「More Lively」で明確なヘ長調になり、明るく締めくくられます。
上記のようなイメージは、決して作曲時に持っていたわけではありませんが、当時3歳の息子が仕事部屋に頻繁に遊びに入ってきたり、すやすや昼寝する姿を眺めながら作曲していたためか、自然とこのような説明になってしまったかもしれません。(朴守賢)
楽器編成
1st Trumpet in B♭
2nd Trumpet in B♭
Horn in F
Trombone
Tuba
■朴守賢(PARK Soo-Hyun ぱく すひょん) プロフィール
大阪音楽大学作曲専攻出身。
アジア作曲家連盟「アジア音楽祭2003」、ISCM(国際現代音楽協会)「World New Music Days」(2009/スウェーデン、 2014/ポーランド)等の入選、済州国際管楽祭(韓国)、高雄春天藝術節(台湾)等からの招待委嘱等、アジアやヨーロッパで作品を発表。
2008年、亀井順子文化基金の助成により朗読音楽作品CD制作と個展を開催。
第3回ACL-Korea青年作曲賞優秀賞、第15回大邱国際現代音楽祭最優秀賞、日本クラリネット協会作品コンクール第3位、関西現代音楽交流協会作曲賞、第7回全日本吹奏楽連盟作曲コンクール第1位(2015年度全日本吹奏楽コンクール課題曲V『暁闇の宴』)等を受賞。
作品は、吹奏楽、室内楽、管弦楽、民族楽器、邦楽器、合唱、朗読、歌曲、等様々で、映画やテレビドラマ、CM等の劇伴音楽も制作。
クラリネット/リコーダー/巴烏等の演奏、指揮・音楽指導、芸術国際交流等にも携わる。
現在、関西現代音楽交流協会、日本吹奏楽・管打指導者協会各会員。

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に