ホーム > ■出版楽譜 > ●アンサンブル > ▲木管 > 小動物は駆け回る 〜クラリネット四重奏のために〜 【クラリネット4重奏-アンサンブル楽譜】

小動物は駆け回る 〜クラリネット四重奏のために〜 【クラリネット4重奏-アンサンブル楽譜】

演奏時間 : 約5分

参考音源動画
NEW 販売譜
商品名 小動物は駆け回る 〜クラリネット四重奏のために〜 【クラリネット4重奏-アンサンブル楽譜】
商品コード CEM-058
価格 4,320 円(税込)
ポイント 200 pt
個数
アーティキュレーションや強弱のメリハリをいかして、小動物の軽快なダンスを演出してみましょう。
中間部はリズムに乗った美しいメロディが魅力的です。


【曲目解説】
とにかくすばしっこく駆け回る小動物。駆け回ってたと思えば突如「ピタッ」と立ち止まり周りを警戒し、やがて再び駆け回る。そう、とにかくすばしっこく…そんな小動物の愛くるしい程の可愛らしさを表現したいと思い、この作品は作曲されました。
曲は大きく分けて3つの部分から成り、3つの部分共にとにかく「駆け回り」ます。B♭→C→Fという跳ねるような主要モティーフによって音楽が形成されています。場面場面によって何の小動物が駆け回っているかをイメージしながら演奏すると良いでしょう。また、前述の様に全体を通してアレグロの快活なテンポで進んで行きます。曲が進んで行くうちにテンポが遅くなりがちなので、気をつけましょう。
アンサンブルコンテストだけでなく、サロンコンサートなどにもおすすめの作品です!(下田和輝)

*クラリネットの特性上、フルート四重奏版と一部メロディーが異なる部分がありますのでご了承ください。
楽器編成
1st Clarinet in B♭
2nd Clarinet in B♭
3rd Clarinet in B♭
4th Clarinet in B♭
■下田和輝 プロフィール
1992年1月14日、岩手県洋野町生まれ。
幼少のころからフュージョンやスムースジャズをはじめさまざまな音楽に触れ、小学校4年生から学校のクラブの金管バンドに所属。金管バンドではコルネットを担当。中学校では吹奏楽部に所属し、トランペットを、進学先の岩手県立久慈高校では吹奏楽部でユーフォニアム・学指揮・副学指揮を担当。
中学生のころ、作曲に興味を持ち始める。高校卒業後、作曲を一から学ぶため上京。2013年度の「第5回 日本管打・吹奏楽学会作曲賞」において、吹奏楽作品「オータム・ファンタジー」が作曲賞(一位)を受賞したほか、数々の賞を受賞。2014年3月、尚美ミュージックカレッジ専門学校音楽総合アカデミー学科作曲コース(4年制)を卒業。作曲を菊池幸夫、高橋伸哉、広瀬勇人の各氏に師事。
下田和輝 公式ウェブサイト → Shimoda-Kazuki.net

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に