ホーム > ■レンタル楽譜 > 夢中夢の行進曲

夢中夢の行進曲

CDリリースの予定は現在のところございません。



レンタル グレード5 8分以下
商品名 夢中夢の行進曲
商品コード 1157
価格 29,660 円(税込)
ポイント 0 pt
個数
曲目解説
夢から覚めたと思ったらまだ夢だった、という夢の中の夢、「夢中夢」。この作品は不思議な夢中夢の階層を覚醒に向けて彷徨い進む「行進曲」です。

第一マーチ、第二マーチ、そしてトリオというトラディショナルなマーチの進行に倣って、この曲の場合は、第一、第二、第三の夢と進行します。それぞれの夢の谷間にはブリッジが設けられ、不安定な夢と夢の狭間を橋渡しします。イントロから全編に渡る要所で、覚醒を促す刺激的なトゥッティの打ち込みや、混沌を表すような半音階が多用されています。
また、第一の夢は短3度を中心に作られており、同様に第二が長3度、第三が完全4度と、音程間隔が半音ずつ広がり、それぞれのマーチ(夢)のキャラクターに影響しています。
夢の階層を登るごとに歪んで行く時空で、やがてフレーズの時間感覚が伸び縮みする「夢の混乱」(増4度)が起きます。混乱の果てに、マーチにも関わらず激しい変拍子でリズムが打ち込まれて行き(しかし実はちゃんとオンビートで行進している)、終には、完全5度により、何事もなかったように曲(夢)は終結(覚醒)します。

現代的なマーチの開発の為に2010年に作曲し、2014年10月、ISCM(国際現代音楽協会)の音楽祭「World Music Days」に入選。ポーランドにて空軍音楽隊により初演されました。(朴 守賢)


朴 守賢 (PARK Soo-Hyun ぱく すひょん) プロフィール
大阪音楽大学作曲専攻出身。
アジア作曲家連盟「アジア音楽祭2003」、ISCM(国際現代音楽協会)「World New Music Days」(2009/スウェーデン、 2014/ポーランド)等の入選、済州国際管楽祭(韓国)、高雄春天藝術節(台湾)等からの招待委嘱等、アジアやヨーロッパで作品を発表。
2008年、亀井順子文化基金の助成により朗読音楽作品CD制作と個展を開催。
第3回ACL-Korea青年作曲賞優秀賞、第15回大邱国際現代音楽祭最優秀賞、日本クラリネット協会作品コンクール第3位、関西現代音楽交流協会作曲賞、第7回全日本吹奏楽連盟作曲コンクール第1位(2015年度全日本吹奏楽コンクール課題曲V『暁闇の宴』)等を受賞。
作品は、吹奏楽、室内楽、管弦楽、民族楽器、邦楽器、合唱、朗読、歌曲、等様々で、映画やテレビドラマ、CM等の劇伴音楽も制作。
クラリネット/リコーダー/巴烏等の演奏、指揮・音楽指導、芸術国際交流等にも携わる。
現在、関西現代音楽交流協会、日本吹奏楽・管打指導者協会各会員。

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に