ホーム > ■CD > ●プロフェッショナル > ▲外囿祥一郎(Euphonium) > O・レスピーギ : 交響詩「ローマの祭り」

O・レスピーギ : 交響詩「ローマの祭り」

O・レスピーギ : 交響詩「ローマの祭り」
商品名 O・レスピーギ : 交響詩「ローマの祭り」
商品コード CACG-0215
価格 2,880 円(税込)
ポイント 133 pt
個数
様々な楽曲を独自の表現力で聴かせる2013年定期演奏会ライブ

充実のプログラムとびわ湖ホールで奏でられるシンフォニックサウンドが定評の龍谷大学2013年ライブ。
ゲストには外囿祥一郎氏を迎え、超絶技巧と甘美なサウンドで「皇帝」を披露。その演奏技術にはただただ圧倒されます。また、作曲者自身がピアノで参加した井澗昌樹の「カラフル」に、龍谷大学が師と仰ぐ上埜孝氏を悼んで演奏された「椿姫」等聴き応え十分のプログラムです。メインは大作「ローマの祭り」。レスピーギの描くローマの歴史絵を、美しく、そして残虐さや悲壮感も伴いながら演奏します。
年々表現の幅を広げ、楽曲を深めていく龍谷大学の音楽をご堪能下さい。


●曲目●

 [1] ファンファーレ・バラード&ジュビリー (クロード・トーマス・スミス)

フランス組曲 (ダリウス・ミヨー)
 [2] 第1楽章 ノルマンディー
 [3] 第2楽章 ブルターニュ
 [4] 第3楽章 イル・ド・フランス
 [5] 第4楽章 アルザス・ロレーヌ
 [6] 第5楽章 プロヴァンス

 [7] カラフル (井澗昌樹)

 [8] 歌劇「椿姫」より 第一幕への前奏曲 (ジュゼッペ・ヴェルディ/編曲: 上埜 孝)

 [9] ユーフォニアム協奏曲「皇帝」 (マルセル・ケンツビッチ)

交響詩「ローマの祭り」 (オットリーノ・レスピーギ/編曲: 仲田 守)
 [10] 第1楽章 チルチェンセス
 [11] 第2楽章 五十年祭
 [12] 第3楽章 十月祭
 [13] 第4楽章 主顕祭


指揮: 若林義人
ユーフォニアム: 外囿祥一郎([9])

龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部 第40回定期演奏会
2013年12月21日 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホールにてライブ収録
ユーフォニアム 外囿祥一郎
Shoichiro Hokazono

1969年鹿児島市生まれ。1992年第9回日本管打楽器コンクールで第1位および大賞を受賞。94年東京コンセルヴァトアール尚美ディプロマコース修了。97年英国テューバ・ユーフォニアム カンファレンスにおいて、日頃の演奏活動の功績が認められ「Euphonium player of the year」を受賞。同年9月にはフランス・フィリップジョーンズ・ブラスコンクール、ユーフォニアム部門において優勝。
これまでにNHK交響楽団、大阪市音楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、札幌交響楽団、ジャパン・ヴィルトーゾ・オーケストラ、ストラスブール管弦楽団、セントラル愛知交響楽団、東京交響楽団、東京佼成ウインドオーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団などの演奏団体と共演を行う。また航空自衛隊航空中央音楽隊に在籍中にソリストとして数多くのコンサートを行う。
また彼のために書かれた優れたユーフォニアムのオリジナル作品発表は、その可能性を追求し続ける姿勢であり、高く評価されている。ソロ・コンサートは国内外で開催されており、その他、ザ・テューバ・バンド、ブラス・ヘキサゴンなどアンサンブル・ユニットではそれを主宰し意欲的な取り組みをみせている。これまでに発表されたアルバムは23枚(内3枚は文化庁芸術祭ノミネート作品)、ほかゲスト・ソリストとしても多数のアルバムに参加している。2013年3月に航空自衛隊を退職しソロ活動および後進の育成に力を注ぐ。
ユーフォニアムを三浦 徹・露木 薫・スティーヴン ミードの各氏に師事。
現在、東京音楽大学および洗足学園音楽大学客員教授、昭和音楽大学講師、エリザベト音楽大学、尚美ミュージックカレッジ専門学校および相愛大学音楽学部特別講師。ビュッフェ グループ ジャパン専属講師。

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に