• ⑪おもいのことのは / 石毛里佳

    Date: 2013.05.28 | Category: 小編成レンタル譜紹介アーカイブ | Tags:


    こんにちは。今週も、CAFUAレンタルライブラリーから小編成向けの楽曲をご紹介していきたいと思います! 本日ご紹介するのはこちらの作品!
    おもいのことのは / 石毛里佳
    演奏時間:約7分 グレード:4
    http://www.cafua.com/products/detail583.html

    曲のはじめにクラリネット~フルート~またクラリネットで紡がれる、11小節の旋律がこの曲に一貫して流れるテーマとなっています。独特の音階を思わせる音遣いで、わらべうたのような懐かしさが感じられます。

    「ことのは」は「言葉」。音もまた言葉、と石毛里佳さんは話します。言葉を選んで、並べて、文章を書くように、ひとつひとつ選んだ音をつないで曲を作る。「文章では表現しがたい、人の感情や想いが、音楽で伝わっていくこともあるのではないでしょうか。」(解説より)

    参考演奏収録CD
    CAFUAセレクション2007「メトロプレックス」
    演奏:航空自衛隊西部航空音楽隊
    指揮:加養浩幸・浦川薫
    http://www.cafua.com/products/detail.php?product_id=186
    邦人、海外、バレエ音楽からのアレンジなど、自由曲におすすめの楽曲をセレクト!

    一つの旋律を全曲通して用いるにあたり、「一途な気持ちで書いた」と石毛里佳さんは話しています。基本の旋律があり、それが色々な形に変容しながら紡がれていく様は、さながら人の心の変わること、変わらないことを表しているようにも思えます。

    曲中では、クラリネット、フルート、オーボエ、アルトサックスなどにソロがあります。なかなかの「どソロ」ではありますが、奏者一人一人が「おもい」を込めて演奏して下されば…とおもいます。
    …ところで、「おもい」って、つまり何なんでしょう?

    楽譜担当の主観で申し訳ないのですが、「おもいをこめる」「思いを入れる」つまりは「思い入れ」。「フレーズの良いところ・好きなところ・特徴的だと思うところをとらえ」、「それを誰かに届ける、分かるように伝える」というふうに考えてみるのも良いかもしれません。

    本日は、石毛里佳作曲の「おもいのことのは」をご紹介しました。
    このコーナーも5月末までということで残りわずかではございますが、最後までお付き合い頂けると幸いです。明日もどうぞ、お楽しみに。