• ⑦プロメテウスの雅歌 / 鈴木英史

    Date: 2013.05.24 | Category: 小編成レンタル譜紹介アーカイブ | Tags:

    LINEで送る
    [`yahoo` not found]

    こんにちは。昨日に引き続き、小編成吹奏楽のレンタル譜をご紹介していきます。本日はこちらの作品♪
    プロメテウスの雅歌 / 鈴木英史
    演奏時間:約6分 グレード:3+
    http://www.cafua.com/products/detail598.html


    「プロメテウスの雅歌」は、仙台第一高校吹奏楽部の委嘱を受けて、2008年に生まれました。当時部員は25人ほど、初心者の多さにも関わらず大変な力を有するこのバンドの為に書かれた、この作品の一つのテーマは「技術的難易度はそれほど高くせず、それでいて音楽的に様々な工夫が出来ること」。


    委嘱主である部員達の「精神に燃える火をもたらす存在」をプロメテウス…人間に火をもたらしたとされるギリシア神話の神になぞらえ、また「かわし合う歌」すなわち「愛の歌」を意味する「雅歌」という言葉と組み合わせることで、創造的な活動を発展させてゆく、その精神への讃歌という意味を込めたと、作曲者の鈴木氏は解説で語っています。


    ちなみに、曲の読み方は「ぷろめてうすのがか」です。


    鈴木英史「プロメテウスの雅歌」
    参考演奏は、こちらのCDで聴くことが出来ます。
    CAFUAセレクション2009「プロメテウスの雅歌」
    演奏:航空自衛隊航空中央音楽隊
    指揮:加養浩幸・中村芳文
    http://www.cafua.com/products/detail.php?product_id= 311


    曲は総奏で強く始まり(Pesanteで、ダイナミクスはフォルテ)、冒頭からはっきりとした楽曲の世界観を打ち出します。ある種の「強さ」や「激しさ」、どこかへと向かうような「疾走感」が、「精神に火をもたらす何か」を思わせます。


    途中Moderatoの部分では表情をがらりと変えますが、ただ静かで美しいというよりは、少し不思議で現実離れした雰囲気が漂います。フリューゲルホルンの、長く聴かせるソロがありますが、バンドの事情により楽器の代替が可能です。


    ソロの持ち替え楽器について、作曲者自身によるおすすめの楽器を詳細ページ掲載の文章でご案内しておりますので、ぜひご覧になってみて下さい。


    ラストは全員で盛り上がりますが、さらに打楽器群による強奏(それも響き止め指示で)で終わります。最後まで、聴く人の印象に鮮やかに残っていく作品です。


    本日は、鈴木英史「プロメテウスの雅歌」をご紹介しました!
    明日も引き続き、小編成の楽曲をご紹介します。